'90年代前半の少年サンデー「元気まつり」について

投稿

1990年代前半に週刊少年サンデーのイベント「元気まつり」が何度か開催されています。

当時の連載作家によるトークショーやサイン会、アニメ上映会などが行われたそうですが、参加者によるレポートや写真を見かけることは皆無であり、その全容を知ることは難しい状況です。

そこで、サンデー本誌のバックナンバーから告知記事や公式レポートが掲載された号を調べてみました。

元気まつり(1992年)

1992年7月~8月にかけて全5会場で開催されたようです。

週刊少年サンデー1992年7月増刊号に掲載された告知記事より企画内容を抜粋します。

オリジナル画像
図1:週刊少年サンデー1992年7月増刊号の告知記事

会場

日付場所定員出演漫画家
7月26日(日)東京1000名青山剛昌、あだち充、河合克敏、藤田和日郎、満田拓也、ゆうきまさみ
7月30日(木)札幌350名北崎拓、久米田康治、西森博之、藤田和日郎
8月8日(土)福岡600名椎名高志、藤田和日郎
8月9日(日)大阪500名青山剛昌、椎名高志、藤田和日郎、渡部精二
8月22日(土)名古屋500名北崎拓、久米田康治、藤田和日郎

このほか高橋留美子先生が4会場に電話出演(具体的な会場は不明)。

人気マンガ家大集合!

  • あだち充先生新連載スペシャルビデオ上映
  • 高橋留美子先生特別メッセージ公開
  • まんが家ダイレクト質問会

サンデースペシャルシアター

  • OVA『うしおととら』1~2話
  • 新劇場映画『らんま1/2』予告編&スペシャル版
  • OVA「YAIBA」

その他の企画

  • グッズ販売
  • 体験ゲームコーナー(『うしおととら』『パトレイバー』)
  • 抽選会

レポート記事など

久米田康治先生の『行け!!南国アイスホッケー部』5巻(Amazon)に「サンデー元気まつり in さっぽろ レポート」と題して2ページの漫画レポートが掲載されています。

オリジナル画像
図2:『行け!!南国アイスホッケー部』5巻 p.181(漫画部分はモザイク加工)

また、サンデー本誌の巻末コメント(目次ページ)では何件かイベントに言及したコメントがありました。発見できたもののみ抜粋します。

  • 1992年40号(9月23日号) 久米田: 名古屋のイベントで北崎先生をいじめた私。美男子を見るとつい…。
  • 1992年40号(9月23日号) 北崎: 名古屋イベントで会った藤田先生はイイ人だったが久米田先生はHな…
  • 1992年41号(9月30日号) 北崎: 名古屋イベントの後、ひどい風邪をひいた。きっと久米田菌のせいだ!?

超元気まつり(1993年)

翌1993年にも同じような規模で開催されたようです。

週刊少年サンデー1993年7月増刊号に掲載された告知記事より企画内容を抜粋します。

オリジナル画像
図3:週刊少年サンデー1993年7月増刊号の告知記事

また、週刊少年サンデー1993年41号(9月29日号)では東京会場の公式レポート記事が写真付きで3ページ(pp.114-116)にわたり掲載されています。

会場

日付場所定員出演漫画家
7月24日(土)大阪600名椎名高志、藤原芳秀、七月鏡一、木村
7月26日(月)札幌200名青山剛昌、藤田和日郎、菊田洋之
8月7日(土)福岡650名斉藤むねお、北崎拓、久米田康治
8月9日(月)名古屋500名西森博之、満田拓也、広井王子、中平正彦
8月22日(日)東京1400名あだち充、ゆうきまさみ、藤田和日郎、青山剛昌、村枝賢一、石渡治、河合克敏、山田貴敏

全会場とも12:00開場、13:00開演。

サンデー増刊号の告知ページでは出演漫画家の名前は名字しか記載されていないため、上表では当時の連載陣と照らし合わせてフルネームを記載しています。なお、木村先生のみ特定できなかったので名字のみのままとしています。

サンデー本誌のレポート記事によると、東京会場の登壇漫画家は事前告知の8人に対し、実際は5人だったようです。週刊少年サンデー1993年40号(9月22日号)の巻末コメント(目次ページ)では村枝先生と山田先生が欠席を詫びるメッセージを残しています。河合先生も出席されなかったようですが、コメントは発見できず。

人気マンガ家大集合!

  • まんが家Q&Aタイム
  • サンデースーパークイズ
  • ラッキープレゼント

サンデースペシャルシアター

  • オリジナル映像『サンデーまんが家大集合』
  • OVA『人魚の傷』
  • 『うしおととら SD版』
  • OVA『らんま1/2』
  • 『機動警察パトレイバー2』

サンデー本誌の東京会場レポート記事によると『らんま1/2』のサブタイトルは『シャンプー豹変! 反転宝珠の禍』(※OVA第1弾)、また『うしおととら』に関しては作品名が変更になったのか『うしおととら CD劇場』となっています。

最新TVゲームデモプレイコーナー

  • SFC『GS美神』
  • SFC『らんま1/2』
  • PCエンジンCD-ROM2『機動警察パトレイバー』

サンデー本誌の東京会場レポート記事によると、他に『YAIBA』のゲームも展示されていたようです。

その他の企画

  • 持田真樹(歌手)特別メッセージ
  • 人気声優特別出演(司会は島津冴子、出演者リストは不明だが山寺宏一さんのみ名前が挙がっている)
  • グッズ販売

サンデー本誌の東京会場レポート記事によると、山寺宏一さんのほか高山みなみさんも出演されたようです。

レポート記事など

前述のとおり、週刊少年サンデー1993年41号(9月29日号)では東京会場の公式レポート記事が掲載されています。これによると告知記事に掲載されていなかった企画として、『YAIBA』の敵キャラコンテスト展示&授賞式もあったようです(東京会場のみ?)。

また、久米田康治先生の『行け!!南国アイスホッケー部』10巻(Amazon)のカバー折り返しにイベントで上映されたビデオ映像の一部が掲載されています(電子版では未収録)。『サンデーまんが家大集合』のものでしょうか。


1991年以前と1994年以降はサンデー本誌に告知記事が見当たらないため、この「元気まつり」は2回のみの開催だったものと思われます。

冒頭にも書いたように参加者の体験レポートがウェブ上で皆無なため、このイベントの実際の空気感を追体験するのは難しい状況です。当時実際に参加した方、あるいは久米田先生以外にレポート漫画などを描かれている作家さんをご存知の方はぜひ情報をお寄せいただければ幸いです。