11年ぶりに小田急電車の撮影

先日、久しぶりに小田急の撮影をしてきました。前回は NSE の引退直前だったので、11年ぶりということになります。

目当ては8000形という通勤電車でして、事前に鉄道ピクトリアルのNo.829小田急電鉄特集(www.tetsupic.com)で調べたところ、これは4両固定と6両固定の2種類の編成が存在するようです。さらにオリジナルの界磁チョッパ車と、最近になってVVVF化改造された車両がそれぞれにあるようで、私の見たい車両は4両固定編成のチョッパ車であることも判明。

4両編成ということは、多摩線や湯本方面に行かねばならないのかと勝手に思っていましたが、6両固定編成と連結して新宿まで来ているのですね。というわけで、中1線空きの駅(www.odakyu.jp)を見つけしばし待つことに。

しばらくして上り列車でやってきましたが、見たいのは山側なんですよねぇ。というわけで、そいつが新宿で折り返してくるのを待っていたのですが、無情にも快速急行で通過してしまいました…。いつかリベンジせねば。

オリジナル画像
写真1クハ8062の海側の様子。東急7200系ファンには(一昨年から)お馴染みのSIV起動装置やリアクトルトランスが見えます。