弘南鉄道新里駅に蒸気機関車保存構想

鯵ケ沢町役場の敷地に展示されている大正-昭和期の蒸気機関車(SL)「8620型・48640号機」を、弘前市の弘南鉄道新里駅前に移設する計画を、同市のNPO法人「五能線活性化倶楽部」(津久井厚理事長)が進めている。

(中略)

2012年5月までの実現を目指して今後、弘南鉄道や市と本格的交渉に入る。

鯵ケ沢のSL、弘南鉄道新里駅前へ/Web東奥・ニュース20100510160933(www.toonippo.co.jp)

新里駅といえば、弘南7000系の(東急時代で言う)山側が観察しやすい貴重なポイントですね。弘南線には、平賀車庫や黒石駅も含め、山側にひきのある場所が少なく、重宝する駅の一つです。

以前は、同じく山側がよく見える弘前駅2番線発の列車が早朝にあったのですが、昨年4月のダイヤ改正で消滅してしまいました。現在では、おそらく臨時列車くらいしか入線しないのではないかと思われます。

2010年7月7日追記先日弘南鉄道を訪れたところ、黒石行きの始発列車が2番線発車でした。たまたまかもしれませんが…。

オリジナル画像
写真1新里駅で撮影した弘南鉄道デハ7153の山側

記事では駅前に移設としか書かれていませんが、用地的に考えると側線脇に展示する可能性も考えられます。いずれにしても、現役車両の調査・観察に支障のない形で実現できれば嬉しいなあ、と。