横浜市立図書館の蔵書検索が改悪された

雑誌を借りようと横浜市立図書館の蔵書検索(www.lib.city.yokohama.jp)にアクセスしたところ、いままでと背景が変わり見慣れぬリンクが増えていたので、システムリニューアルでもしたのかな、などと思ったのですが、とんだ改悪でした。

以下、予約完了までの長い道のり。

  1. 蔵書検索トップのテキストボックスに雑誌名を入力して送信。
  2. 検索結果に目当ての雑誌名が表示される。なお、このリンク先(資料詳細)へ行くことで、書籍・雑誌の詳細情報や所蔵館が分かり、さらに予約もできる仕組みになっている。
  3. いつもどおりリンクを押下。が、何も起こらない
  4. ソースを見るとリンク先が書かれておらず(a要素のhref属性が"#")、onclick属性にスクリプトが…。
  5. スクリプト言語の種類を調べようとしたが、レスポンスヘッダ内にContent-Script-Typeがなく、metaによる指定もなし。困った!
  6. 幸いにも、ソース内に <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript"> と書かれた箇所を見つけたので、language属性に懐かしさを覚えつつ解読する。
  7. get送信は無理そうだったので、フォームを自作。
  8. 自作フォームに値を入力し、postで送信すると、資料詳細のページが表示。
  9. 予約する場合は、ここで「予約」のリンクを押下するのだが、なんとこれも「onclick属性にスクリプト」のパターンだったので、同様にフォームを自作。
  10. やっと予約ページへ到達。受取図書館を指定して予約完了。

いやあ、一苦労でした。数年前まで、雑誌はウェブ予約できなかったことを考えると、これでも昔よりは便利なのですが。

ちなみに、その後ログアウトしようと思ったのですが、ログアウトはトップ画面で行わなければならないようで、そのトップへのリンクがこれもまた(略、さらにトップのログアウト機能も(略。

ここまで素晴らしいシステムは、某航空会社の出張手配システムを担当したとき以来です。