大井町線9000系の形態バリエーション

先日、数か月ぶりに大井町線に乗ったところ、やってきたのは9006F。東横線にいたはずが、いつの間にか大井町線に移っていたのですね。まったく知らなかったので驚きましたが、KTTさんの記事によると

東横線所属であった9006Fが5連化されグラデーションの帯になり、大井町線に転籍して、8月25日頃から営業運転を開始した。

東急9006Fが大井町線へ(kttri.jp)

とのことで、1か月以上も前の出来事だったようです。

ここらでバリエーションをまとめてみると、こんな感じになります。(新造時の形態差異は除きます。また、冷房装置については別の機会に…。)

編成集電装置表示器ATC装置車椅子スペース化粧板室内銘板消火器案内座席モケット吊手
9002F菱形字幕東横型2号車と4号車非更新プレートステッカー薄赤色丸形
9003F菱形字幕東横型2号車と4号車更新プレートプレート薄赤色おむすび形(9000系型)
9004Fシングルアーム字幕東横型2号車と4号車非更新プレートステッカー橙&薄茶色丸形
9006Fシングルアーム字幕東横型2号車と4号車更新ステッカーステッカー薄赤色おむすび形(9000系型)
9007Fシングルアーム字幕大井町型4号車のみ更新ステッカープレート&ステッカー薄赤色おむすび形(新3000系型)
9009FシングルアームLED東横型2号車と4号車非更新プレートステッカー薄赤色丸形

2011年3月5日追記2月下旬に9003Fの電動車3両とも集電装置がシングルアーム式へ交換されたのを確認しました。

2011年3月12日追記さらに9002Fの電動車3両とも集電装置がシングルアーム式へ交換されたのを確認しました。

2011年5月13日追記いつの間にか9007Fの吊手が丸形になっていました。一部のみ輪の高さが低くなっているのは変わらずです。

2011年7月21日追記9003F,9004F,9006Fの車外表示器がLED式に交換されたのを確認しました。9002Fは字幕のままです。

このように編成単位で見ると、同一形態をした編成は存在しないということが分かります。

以下、いくつか補足を。

  • ATC装置の「東横型」は1997年の東横線ATC導入に向けて設置されたもの(前面蓋が2枚の後期タイプ)、「大井町型」は2008年の大井町線ATC化に伴い、8090系後期車や9000系に搭載(換装)されたタイプです。いずれも私が勝手にそう呼んでいるだけです。
  • クハ9006とクハ9106の運行番号表示器はLED式になっています。
  • 東横線からの転籍車は、2号車の車椅子スペースのステッカーを剥がされています。
  • 「室内銘板」は製造銘板や禁煙標記などの各種銘板や標記のことです。まあ「シールの銘板」というのも「パイプの網棚」みたいで気持ち悪い表現ですが、こだわらない方向で。
  • 「消火器案内」は車椅子スペース部分に収納された消火器の案内表示のことです。それ以外の場所は本体が露出しているため、設置場所を示す表示はありません。
オリジナル画像
写真1ステッカーによる消火器案内(デハ9606)
オリジナル画像
写真2プレートによる消火器案内(デハ9603)

9607のほか、東横線の9211と9611の消化器案内は、なぜかステッカーとプレートの両方による掲示がなされています。

この他にも、9007Fは側戸鴨居の把手や先頭車正面の“スカート”が取り付けられていないなど、東横線からの転籍車とは異なる点がいくつか存在します。

ところで、9004Fの座席モケットは貼り替えられなかったのですね。時々これを「オリジナル」などと称した記述を見ますが、2次車登場時のカラーは茶色がもっと濃かったので、少なくとも1回は貼り替えられているはずです。オリジナルの「濃い茶色」は、数年前まで池上、多摩川線のデハ7815とクハ7915に残っていて、デハ7715(すなわち7914Fからの組込車)との差異を愉しむことができましたが、今は他車種も含めて消滅してしまったものと思われます。