大井町線9000系(クハ9109)に軌条塗油器設置

大井町線のクハ9109に軌条塗油器が設置されました。

本体は山側床下にあり、形態は新3000系(TYS-D形)や2000系(TYS-J形)に似ているように見えましたが、夜間の確認だったためあまり自信がありません。後日改めて確認する必要がありそうです。ただ、クハ8090形に設置されている旧型タイプとは明らかに異なるもので、少なくとも8090系の流用ではなさそうですね。

池上、多摩川線7700系のJN-TYS-A形を流用した可能性は考えられますが…。いずれにしても要確認です。

油噴口は連結側台車に設置され、TS-800系台車のそれと似た形状の架台によって支えられています。@9014f(Twitter)氏が写真をアップされていたので、紹介しましょう。

もともと、BL台車を装備した9000系以降の新造車にはなぜか塗油器が搭載されておらず、1999年に登場したY000系と新3000系でようやく搭載車が現れました。2003年には2000系にも追設され、昨年(2010年)は伊賀鉄道に譲渡された1000系にも改造車が現れ、このたび9000系にもやっと設置された運びとなります。

2012年2月16日追記4105F SCC Diary(scc.at.webry.info)によると、クハ9108にも塗油器が搭載されたようです。